わたしたちは、高い現場力をもとに新しい価値の創造を通じてお客様と社会の発展に貢献します。

ryouritu

仕事と家庭の両立支援制度

育児休職

子が満1歳(一定の場合は2歳)に達するまでの期間、取得可能。

育児短時間勤務

子が小学校3年生に達する年度の3月末日までの間、1日あたり2時間を限度に30分単位で取得が可能。

介護休職

要介護状態にある家族を介護する場合に1人につき、通算して93日の範囲内で取得が可能。

看護休暇

小学校就学前の子を養育する場合、1年度において5日を限度(2人以上であれば10日を限度)に取得可能。

介護休暇

要介護状態にある家族を介護する場合に、1年度において5日を限度(2人以上であれば10日までを限度)に取得可能。

介護短時間勤務

要介護状態にある家族を介護する場合に、通算93日の範囲内で1日6時間の介護短時間勤務が可能。(但し、介護休職を取得した場合には、介護休職開始予定日の翌日から通算して93日を経過する日までの期間)

育児・介護・所定外労働時間の制限深夜業の免除

時間外労働については、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する場合、一定の障害による常時介護を必要とする場合に申請により、1か月につき24時間、1年については150時間以内とする。
深夜業免除については、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する者、または一定の障害による常時介護を2週間以上にわたり必要とする場合に、申請により免除される。

慣らし保育休暇

保育所等を利用する場合、保育所等の「慣らし保育」期間が定められている場合、育児休業復帰直後から最長5日間休暇が取得できる。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional